不感症女性も諦めてはいけない!女性用の薬

女性の不感症は一説によれば男性のEDより多いとも言われていますが、実態が良く把握できないところがあります。
感じているかどうかは本人にしか分からないからです。
パートナーとのセックスが苦痛であれば明らかに不感症と言えるでしょう。
しかし世間で言われているほど気持ちよくないが、みんなこの程度だろうと思い込んでいる場合もあります。
それに慣れてしまうと不感症のまま一生を終わってしまうかもしれません。
男性もマンネリ化するとEDになりやすくなるのと同様に、女性も年を取るにつれて不感症になっていく傾向が見られます。
また若くても精神的・肉体的な原因から、性機能障害を起こす方が少なくありません。
こうしたトラブルは生活の質を低下させますが、問題の性質上誰にも相談できずに諦めてしまう方が多いと考えられます。
男性にはバイアグラという画期的なED治療薬がある一方で、従来は女性の不感症に効く医薬品はありませんでした。
しかし今では不感症を薬で改善できる可能性があるので、諦める必要はありません。
いわゆる女性用バイアグラとして、よく知られている製品がラブグラです。
ラブグララブグラは海外の大手製薬メーカーが製造販売している医薬品で、有効成分はバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルとなっています。
この成分は下腹部の血管を拡張させる作用があります。
血の巡りを良くすることによってクリトリスの勃起や潤滑液の分泌を促し、不感症を改善する効果が期待できます。
ラブグラはピンク色の錠剤で、セックスの1時間ほど前に服用します。
1錠の有効成分が日本人女性には少し多いので、半分か4分の1に割って使用するのがお勧めです。
顔が火照ったりのぼせたりする可能性があるため、効き目を確かめながら適量を決めると良いでしょう。
また食後すぐに服用すると効果が弱くなるので、できるだけ空腹時に服用してください。
なおラブグラは基本的に病院処方を受けることができません。

女性用バイアグラは病院でもらえるの?

女性用バイアグラのラブグラは不感症に効果がありますが、日本国内では未承認です。
病院処方で女性用バイアグラを入手することはできません。
ラブグラはインドの製薬メーカーが製造・販売しています。使用するには個人輸入の手続が必要となります。
未承認の医薬品なので基本的に輸入・販売が禁止されていますが、個人的に使用するための輸入であれば合法です。
ラブグラの有効成分は男性用と同じクエン酸シルデナフィルですが、女性向けに開発されています。
不感症は精神的・肉体的なストレスによるホルモンバランスの乱れによって起こります。
PDE5と呼ばれる酵素が過剰に分泌されると、性的な刺激が抑制されます。
ラブグラを服用すればPDE5の働きが阻害されるため、女性が性的な刺激を感じやすくなります。
インド製の製薬メーカーが製造・販売しており価格は非常に安価です。
クエン酸シルデナフィルを100mg含む錠剤が、1錠あたり約250円で購入できます。少ない費用で不感症を治療できるため人気があります。
ラブグラは日本国内で未承認の医薬品なので、使用するには個人輸入の手続が必要です。
インターネット上には手続の代行を請け負うサイトが多数存在します。
海外から未承認の医薬品を直接的に輸入・販売することはできませんが、個人輸入手続の代行は合法とされます。
個人輸入代行サイトを利用すると、複雑な手続を自ら行なう必要がありません。ラブグラのように未承認の医薬品でも簡単に入手できます。
男性用のバイアグラは25mgと50mgの錠剤が承認されており、病院処方で入手可能です。
しかし女性用バイアグラは承認されていないため、病院処方では入手できません。
個人輸入代行サイトを利用すれば、誰でも簡単にラブグラを購入できます。